2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleの広告がいつまで経っても表示されない\(^o^)/オワタ
というわけで2日ぐらい前の下書きしていたアングラ系(?)の記事を紹介。
紹介するのは以前紹介した「OEM BIOS Emulation Toolkit」のGUI版。
コマンドプロンプトを使用せずにクリックだけでクラックできる模様。
クラックすると違法になると思うので絶対使っちゃ駄目ですよ。
もちろん使用は自己責任でお願いします、私は知らない。

1.必要なファイル
①Vista 32bit版(シリアルを入力せずにインストールした状態)
②Activar Windows Vista 2.0

ファイル名:Activar Windows Vista 2.0
作者:Ironc@tan
URL:Activar_Windows_Vista_2.0_NEW__by_ironcatan.rar.html (画像1画像2

プログラム起動の前に

Vista上で起動する前に実行ファイルの名前を変更する必要があるみたいです。
実行ファイル名がスペイン語(?)らしいのでVista上では解凍しても認識してくれないみたいです。
なのでXP上でリネームしてから外付けやUSBメモリ経由でVistaに移せば認識するみたいです。

2.インストールの方法(未確認)

リネーム後Vistaに移した実行ファイルを「右クリック→管理者として実行」で起動します。
UACを無効にしている場合は普通に起動しても構いません。


インターフェイスはこんな感じです、GUI版なので誰でも簡単にクラックできるとの事。
ハッカーは恐ろしい、ああ恐ろしい。


最初にBIOSを騙すドライバーをインストールするみたいです。
「Instalar Driver Emulador」をクリックします。


次にどのメーカーのOEM Certificateをインストールするか選択します。
Asusにチェックが入った状態で「Instalar Certificate OEM」をクリックします。


次にVistaをシリアル入力なしでインストールした時に選択したエディションを選択します。
選択後「Instalar Clave」をクリックします、これだけでVistaのクラックができるようです。


「Comprobar activacion」をクリックすると認証されているか確認できるようです。

最後に...
ライセンス認証がされているのでもちろんWGA通過、MicrosoftUpdateも可能、正規のソフトウェアと表示されるみたいです。
けどクラックされても使う気にならないのが次世代OS Windows Vista\(^o^)/

関連記事:
簡単にVistaのアクティベーションを突破「OEM BIOS Emulation Toolkit」
Windows Vistaのライセンス認証期限を解除「TimerStop」

スポンサーサイト
Vistaのアクティベーション突破方法が登場したようです。
しかも小学生でもできるような簡単な方法、もちろん自己責任で。
以前はBIOSを改変するという敷居も高いし危険な方法でした。
今回登場した方法は仮想BIOSを使うのでBIOSを弄る必要なし。
Vistaを仮想BIOSで騙してOEM Certificateの情報とSLPキーを読み込ませればさくっとライセンス認証を突破できるみたいです。

1.必要なファイル
①Vista 32bit版(シリアルを入力せずにインストールした状態)
②OEM BIOS Emulation Toolkit For Windows Vista x86 v1.0

ファイル名:OEM BIOS Emulation Toolkit For Windows Vista x86 v1.0
作者:TEAM PARADOX
URL:http://depositfiles.com/files/666894(ダウンロードの方法:写真1写真2

2.インストール方法

解凍したフォルダ内にある「OEMTool.exe」を「右クリック→管理者として実行」で起動します。
もちろんこのファイルはVista上でのみ起動可能です。


次にエミュレートするBIOSを選択します、そのまま「ASUS」を選ぶのが無難。
BIOSを選択したら「Install Emulation Driver」をクリックし仮想BIOSをインストールし再起動します。
※BIOSはドライバーとしてインストールされます、なのでデュアルブート環境でも影響はでません。
※ドライバーをアンインストールする場合は同じ手順でアンインストールできます。

3.OEM Certificate情報とSLPキーのインストール

次に解凍したファイル内の「CERTS」フォルダの中に「ASUS.xrm-ms」があると思います。
その「ASUS.xrm-ms」ファイルをCドライブにドラッグ&ドロップで移動させます。


スタートメニューを開き「すべてのプログラム→アクセサリ」の順で移動し
「右クリック→管理者として実行」でコマンドプロンプトを起動します。
コマンドプロンプトの画面に「SLMGR.VBS -ilc C:\ASUS.XRM-MS」と入力しEnterをクリックします。
これでOEM Certificate情報のインストールができたと思います。


次にSLPキーのインストールです。
解凍したフォルダ内にある「pkeys.txt」を開くと各エディションのSLPキーが載っています。
自分がインストールしたエディションのSLPキーをコピペします。


先ほどと同様にコマンドプロンプトを管理者として実行します。
コマンドプロンプトに「SLMGR.VBS -ipk *****-*****-*****-*****-*****」と入力します。
「*****」の部分には「pkeys.txt」内でコピペした奴を入力します。
これでライセンス認証を突破し正規ユーザーとして表示されるようです。

雑記...
上記の手順は違法となる可能性があるので自己責任で、当方未確認なのでできるか知りません。
認証の確認方法はマイコンピューターを「右クリック→プロパティ」でシステム画面を開いて認証されていれば成功みたいです。
発売から1ヶ月程度でもうクラックされるなんてマイクロソフトもVistaも終わったな・・・・・
久しぶりの更新がこんなのでいいのだろうか・・・・あとblog60.fc2.com鯖だけアドセンス表示されない

Microsoft Windows Vista Ultimate 通常版
マイクロソフト (2007/01/30)
売り上げランキング: 1910


久しぶりにツール紹介の記事、今日はアングラネタ
1月30日に発売されたVistaですが早速色々なクラック方法が
出回ってるようです、ほとんど中国人の仕業みたいだけど\(^o^)/
で今日はVistaの30日のアクチ要求期限を解除するソフトの紹介
もちろん自己責任でよろしくお願いします、死んでも知らない

ソフト名:vistacrack.exe
作者:不明
URL:http://rapidshare.com/files/11714216/crack.rar.html

1.その前に
Vistaインストール時にはシリアルを入力せずにインストールしないといけないみたい
あとファイル共有ソフトの「Share」にてVistaの製品版が流れている模様、流すなんてひどい><;
下記URLにVista製品版のハッシュが載っています、僕にはさっぱりわかりません><;
http://www.keydb.info/search.php?search_c=share&search_category=.........

2.使い方

まず時計の同期を解除するため「日付と時刻の調整(A)」をクリックします


次にインターネット時刻タブに移動し「設定の変更(C)」をクリックします


「インターネット時刻サーバーと同期する(S)」のチェックを外しOKをクリックします


ダウンロードした書庫を解凍し中に入っている「vistacrack.exe」を
「右クリック→管理者として実行(A)」でvistacrack.exeを実行します


「Crack」をクリックするとパソコンが再起動され解除に成功するみたいです
解除されたか確認する方法はコマンドプロンプトで「cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs -dlv
と入力しアクティベーション期限が43200分のまま停止していれば成功らしい
MicrosoftUpdateでセキュリティーの更新も問題なくできるみたいです

3.最後に...
上記の手順ではアクティベーションを突破したわけじゃないので注意、期限を止めただけです
今はマザボのBIOSを改造してSLPやらなんやらで頑張ってアクチ突破している模様
失敗すればマザボ死亡であぼーんらしい、正直リスクが高すぎますね\(^o^)/
私のマザボにはBIOS復旧機能がついてるみたいだけど使えるのやら・・・その前にAMI\(^o^)/
2ちゃんのスレやhiroji氏のサイトでも詳しく解説されているので一度行ってみては?

関連:
hirojiのWindowsの秘密
(^▽^) WinVistaアクティベーション 総合スレッド Part.4
Shareで流れているキー情報を確認「share database」

今日は久しぶりにアングラなふいんき(←何故か変換できない)
Windows Media PlayerのDRMを解除するソフトの紹介です
そもそもDRMとは著作権を保護する技術で主に有料動画やストリーミング配信されている動画などに使われているようです
主な例を挙げると無料でアニメ等を見れるGyaOYahoo!動画などが有名
DRM動画は再生できる期限や再生回数の制限などが施されています
期限がすぎると再生できなくなりユーエヌケイオー、いわゆるゴミになります
【重要】以下の手順で生じる損害に対して当方一切責任を負いません

【仕様前の準備、環境の確認】
使用しているOSがWindows2000又はWindowsXP
indivBox.keyのバージョンが10.0.0.3802以上
パソコンのアカウント名に日本語を使っていない事(日本語だと起動しないらしい)

【indivBox.keyのバージョン確認方法】
fu4wmver_2_1016.png
まずコントロールパネルに行きフォルダオプションを開きます
次に表示タブに移動し保護されたオペレーティングシステム....のチェックを外します

fu4wmver_3_1016.png
チェックを外した後C:\Documents and Settings\All Users\DRMに移動します
次にIndivBox.keyを右クリックしてプロパティーを開きバージョン情報タブに移動します
バージョンが10.0.0.3802以上の場合は下記の方法で解除が可能です
ちなみに私の環境はWindows Media Player 11BETA、indivBox.keyは11.0.5352.6163
画像を沢山使って実験しているので解説は続きから・・・・・

Windows Media PlayerのDRMを解除「FairUse4WM」 の続きを読む
涼宮ハルヒの憂鬱のエンディングテーマ、ハレ晴レユカイをオリコン1位にしようという事で
有名になった涼宮ハルヒの憂鬱の曲のRemixを作成、配布しているサイトを紹介したいと思います
何かハルヒのデーブイデー(DVD)が凄まじい勢いで売れてるらしい、死ねばいいのに
ここ初登場オリコン5位、2006年のアニソンシングル売り上げチャート1位、さらには10万枚突破!
と書いてあります、すごすぎるぜVipper・・・・・・ネットの凄さに圧巻される出来事でした
当方第0話しか見たことがないので実際ハルヒの事あんまり(゚⊿゚)シラネ
今回紹介するのはハルヒ関連の曲、ハレ晴レユカイ等のRemix曲を作成、配布しているサイトを紹介したいと思います
管理人は外人らしく日本語が上手く使えないらしいです、どうみても日本人です本当に(以下略



ハルヒ @ DJBouche.NET
すごいと言わんばかりのRemix曲があります
昨日更新されたようでキャラクターソング Vol.2 長門有希
に収録されている雪、無音、窓辺にて。のRemixと
オープニングテーマ冒険でしょでしょ?が追加されています
両方すばらしい出来で原曲より良くなってる様な気がしない事もない

他にもアニメ中のBGMのMIDIや管理人がピアノを弾く動画等もうpされています
涼宮ハルヒの詰合に収録されているLost my musicをピアノで弾いてる動画には感動しますた
卒業式っぽいふいんき(←何故か変換できない)でかなり(゚д゚)ウマー
このサイトにあるRemixの原曲は
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」オープニングテーマ 冒険でしょでしょ?TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」エンディングテーマ ハレ晴レユカイ涼宮ハルヒの詰合 ~TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル~
涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.2 長門有希珍島物語/郷愁~われ立ちて~響~オリジナル・ベスト・アルバム~
この4つですね、最後の2つは気にしないでください(^ω^ )
今後増えるかもしれないので要チェックですね、先生
ちなみに上のリンクからCDを購入すると私にお金がザクザク入ってくるので是非購入しろボケ
( ^ω^)あまぞんおっおっおっ

涼宮ハルヒの憂鬱関連のRemix曲を配布してるすごいサイト の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。